• 全国労保連のご案内
  • 全国労保連の事業内容
  • 全国労保連からのお知らせ
  • 厚生労働省等のお知らせ

全国労保連の事業内容

指導・育成事業

情報誌の発行等の事業

 本部においては2カ月に1回、支部においては適宜、労働保険制度や事務組合制度の改正内容、関係行政機関の動き、事務組合業務運営の事例などを情報誌として作成し、労働保険事務組合及び関係行政機関、関係団体等に配布しています。

出版事業

 労働保険事務組合は、委託事業主の労働保険料の申告、納付を行うほか、雇用保険被保険者資格取得・喪失届等の事務を処理しています。これらの事務の処理には、労働保険に関する専門的な知識はもちろんのこと、幅広い知識が必要です。
 全国労保連では、これらの事務処理を詳細に説明するなどした実務関係図書を、年に1回発行しています。

 
 

 

 

 

 

 

 

 お申込みはメールまたはFAXにてお願いいたします。
メールアドレス:kikaku□rouhoren.or.jp((※左記の□=@))
FAX:03-3234-8880

労働保険事務組合業務の支援

 労働保険事務組合の運営管理や労働保険事務処理の実務などについて、支部において労働保険事務組合の責任者及び職員を対象に研修会を開催しています。
 また、厚生労働省が導入した総コンシステムを利用し、短期間のうちに政府に申告するための申告書関係帳票の作成と保険料徴収の支援を行っています。
 さらには、事務組合運営や労働保険事務の相談援助などの様々な事務組合業務への支援を行っています。

目次へ

このページのトップへ
中小事業主の皆さんへ
  • 労働保険とは
  • 労働保険に加入するには
  • 労働保険事務組合制度
  • 労働保険事務を委託するには
  • 労働保険相談窓口の開設について
  • サイドバナー01
  • サイドバナー02